KDSコンサルティング マンション管理士

   名古屋市内・近郊分譲マンション管理の情報サイト

トップページ 専門資格 サービス案内 事例紹介 新着情報 お問合せ
 
 






 

   ご案内・情報 


What's New!



 

   はじめに   マンション管理における考え方について

マンション管理という言葉はよく聞くが、実際の内容云々はよく知らないという方が多いかと思います。
申し遅れました、マンション管理士の近藤晴仁と申します。
このHPでは、何かと難しいマンション管理の重要なワードや情報の発信を目指して更新していきたいと考えております。
内容については、一般で言われる賃貸マンションではなく分譲マンションでの内容となりますのでご了承ください。

早速ですがまず最初に分譲マンションを購入され所有者となると、区分所有者という立場になる事をご理解ください。
マンションという建物を共同で所有している一人、というイメージで良いかと思います。
少し難しい法律が適応されることになり、専門的な知識が必要となってくるのもこの辺りからです。

一般的にマンション管理の資格というと<管理業務主任者>と<マンション管理士>があります。
その違いについては別のページでご案内していきますが、両方ともに国家資格となり登録監理局は異なるものの、
他の国家資格同様に専門的な知識を有する者、守秘義務を持った者となります。
このページをご覧頂いてる方々は分譲マンションを区分所有されている方々が多いと思います。
もし管理についてご相談やお問合せをされる際には、そのような資格の確認をされると安心にも繋がるのかと思います。
           
 

 今を考えその先を考える

このHPではなるべくわかり易い言葉での情報のご案内を目指しますが、
難しい事や問い合わせは別途ご連絡ください。
早い対応が良い結果を迎えることが非常に多いと私は考えております。
マンションでの生活においても、不安な事や気になる事を先送りにして後で大変な事になるケースは多くみられます。
内容から管理組合への対応だけと思われる方も多くみえますが、
私は区分所有者の皆様からの相談にも対応させて頂きたいと考えております。
マンション管理といっても結局はそこで生活される方々が安心して快適に暮らしていく為のものだと考えております。
お早めにお気軽に相談ください
 

 マンション管理の法令

民法・区分所有法・マンション管理適正化法・建築基準法・建替え円滑化法...その他建物の設置に関する法律や取引や計画に関する様々な法律が適応されます。
しかし実際に、管理組合の理事さんや区分所有者の皆様がそれら全てを把握して管理していくのは大変な事と思われます。
考え方はいろいろあると思いますが、私は各管理組合にそれぞれのマンションにおけるルールである<管理規約>と、日常の管理を委託する<管理委託契約>についてしっかりと把握・判断が重要と考えます。
 

 予算・会計・計画(長期短期)・大規模修繕工事

お金に関すること。管理組合の大切な業務だと思います。
結局、私がお手伝いさせて頂くメインもそれらを一緒に考えてより良い方向へと向かう事になるのだと思います。
あえてはっきり明記すると、
「所有者には建物保存の義務があり、建物は所有者の資産である」
「もちろん誰かに任せるのも構わないが、結局は全ての責任は自分達所有者にある」
という事です。

確かに住環境や建物の管理メンテナンスは大切な事、日常行われるべき事です。
しかしそれらに使われる費用も区分所有者皆さんの資産からなんです。
無駄な費用や節約すべきことを考える責任は所有者の皆さん全員にあるのです。
 

  共同の利益に反する行為

区分所有建物における考えであり、管理組合業務が必要になる基本的考え方です。
あえて戸建建物と比較すると、戸建所有者が一人だった場合、その人は建物を自由に変更したり売却したり好きな色に塗り替えても構いませんよね。
でも区分所有建物ではそれはできません。話が細かくなりますが専有部分はある程度自由に使用できます。しかし共有部分は所有者全員の物となります。
管理費や修繕積立金の考え方はここからきていると考えてください。

最近何かと話題になる<民泊の問題>、<近隣居住者とのトラブル>、<リフォームの問題><管理費・修繕積立金の滞納>も共同利益に反する行為とお考え下さい。
そもそもそのマンションにおける規約に反する行為がそれらにあたるのですから、各マンションにおける規約はとても重要になるのです。

実は区分所有者の皆様はマンション購入時に規約合意のサインをされています。
ですから所有している今になって身に覚えがない、規約を確認したことがないというのは通じない事になっているんですね。
では自分達居住者に合うように規約を変更したいとなると話は変わり、個人の勝手にはできず区分所有法が適応される事になるんです。
少しややこしいんですが、各々のマンションの形態等によってもその方法も変わってきます。
もちろんそれらの手順も私がお手伝いできる事です。
お気軽にご相談ください。
Copyright © 2018 KDSコンサルティング All rights reserved.